階段を白ペンキで塗りました!そしてまた反省

こんにちは、Damonです!

玄関と廊下が白くすっきりきれいになったところで、気になりだしたことがありました。

f:id:damon-chan:20160908152059j:plain

それは、左にチラリと見える階段部分。「蹴込み板」と呼ばれる階段の垂直の板の色が、どうも気になる。。

色といい、質感といい、かまぼこ板を張り合わせたように見えて仕方ない。

階段を上る度、目の前に見えるかまぼこ板(に見えるけど違います、たぶん)が気になって、どうにもこうにも落ち着かない。。。

前に本で見たこちら、

f:id:damon-chan:20160721221605j:plain

さりげなくて素敵だったなあ。(本の詳細はこちら

でも、かまぼこ板のような蹴込み板(ややこしい)は、溝があるので、この本のように壁紙を貼ったり、チョークボードのペイントをするのは厳しい感じがします。

私「じゃあ、下地としてベニヤ板をはめ込んではどうかな〜?その上にペイントしたり、壁紙を貼ったらいいかも〜!るんるん!」

部員O 「ぴっちりときれいにサイズを合わせて板を準備するの大変だよ。しかも、段数の分だけ必要なんだよ。」

私「・・・」

そんなわけで、普通に白くペイントすることにしました。

f:id:damon-chan:20161027151951j:plain始めてみたら、今までになく養生が大変でした。細かい部分が多いこと!忍耐力が試されます。

さらに上の方は手が届かない場所も。継ぎ柄を使ってもきれいに(そして安全に!)塗るのは厳しいと判断して、二階部分の階段の壁はペイントを諦めました。

f:id:damon-chan:20161027153230j:plain

下地剤を塗ってからペンキを塗ります。

ペンキだけでも問題なかったと思いますが、下の板の色が濃いため、下地剤を使った方がペンキが少なくて済みました。

f:id:damon-chan:20161027154639j:plain

溝をきれいに塗るのは難しいー。大苦戦です。f:id:damon-chan:20161027153317j:plain

いきなりですが今日の反省

今回の作業、養生が甘かった部分にペンキがはみ出し「あーっ!!」

思わぬところにペンキをたらして「げげげっ!!」

たらしたところを踏んで歩き回り、いつのまにか被害が拡大「きゃー!!」

マステをはがしたら、ペンキがギザギザにはがれて「ぎゃーっ!!!!」

、、、、リカバリーの方が大変になりました。

上る度に目の前に見えてしまう場所なので、きれいに仕上げたいところだったのに、がっくしです。

とにもかくにも養生が大事、という意味がやっと(今さら)実感し始めたころには作業終了。

途中で「きーーーっ!!」「いーーーーっ!!!」ってなるのはきっと養生あるある、ですよね。

でもDIY初心者なのだから、なおさら丁寧に丁寧に養生しなきゃです。その方が絶対に後がラク。。。

しかし、それを重々わかっていても、雑になってしまったり、やったつもりがうまく出来ないのが、初心者というものかも知れません。

ペンキを塗るだけならきっと誰でもできるんだなあ、ディテールを美しく仕上げることができる、それがプロの仕事なんだなあ、と実感したDamonでした。

さて、苦労しましたが、作業はなんとか終了しましたよー。

うまく出来なかったところもありますが、そこは手作り、DIYの味わいというもの。プロじゃないんだもん。楽しく、がんばって、塗りました!

出来上がりはこのとおりです。

<Before>

f:id:damon-chan:20160908152059j:plain

<After>

f:id:damon-chan:20161112225520j:plain

かまぼこ板みたいに見えていた蹴り込み板でしたが、白ペンキでナチュラルな板張りに変身!かなり軽やかなイメージになりました。壁の色とマッチしているので、部屋としての一体感も出てきた気がします!よかった!

、、、あれ??と思った方はいらっしゃいますかしら。

はい、実は階段以外にも変わっている部分があるのです。間違い探ししてみてくださいな。次回はそのお話です。

ではまたー!

Damon

>昭和のお家をセルフリフォーム中!目次はこちら

昭和のお家をDIYリフォーム <目次>