DIYで畳をフローリングへ 〜第2回:すっとこどっこい固定編

こんにちは。おんもくんです。

畳をフローリングに変更するべく、下地作りに奮闘しました。
汗と涙の記録を4回に分けてお送りしています。

第1回では和室を計測し、方針を立て、ホームセンターに資材を買いに行き、実際に並べてみるところまでをお送りしました。

今回はその続きです。

買ってきて並べてみたのです。思った以上にぴったりハマったのです。

あとはこれを固定すればいいじゃない、と思っていた矢先。

 

 

こんにちは〜。いい感じですね〜。

あなた誰ですか?

そんなこと良いじゃない。ところで新しく設置した根太の方向おかしくない?

なんとなく僕も迷っていたんだけど、宜しくないですかね・・・

強度出すなら床板の下にある根太と垂直に並べた方が良いでしょ?あなた床下の根太と水平に並べているでしょう?それに、この場合、新しく設置する根太は「部屋の長い方に水平に並べるのが常識よ。」これ「短い辺と水平」にして並べているでしょう?

うーん、そうなのかな。どうなのかな。

 

方向変えるって一口で言っても、実際にやるとなったら

 

カットしてもらった部材を全て切り直し!

 

うーん、確かに床下の根太と垂直に設置した方が強度良いよね。

 

切り直し嫌だ。でも強度大事。切り直し大変。でも強度大事・・・

 

 

 

 

変更します。。。確かにその方が良いよね。

こっち方向ですね。

根太はまだ良いんですが、合板を切るの、結構至難の技ですよ。

 

この方向を想定してカットしてもらった合板を

分かりにくいですが、よっこらしょっと90度回転させて、このような方向に変更したのです。

これ切るの大変でしたよ。

丸ノコでもあれば楽にカットできるのでしょうが、全部ノコギリでしたからね。

若干いびつになってます。無理やり変更しましたからね。

しかしなんとか収まってくれました。

計算どおり、元あるフローリング部分との段差がほとんどない状態に。
ここにサンゲツのフロアタイルを貼ると、ぴったりの高さになる算段です。

 

良い感じ。

 

ここにサンゲツのフロアタイル敷いたら、完全なフローリングだなぁ。

自分でフローリングの土台作るの意外と簡単だったなぁ。

 

ちょっと寝てみるか。

あれ?この部分、ちょっと床が斜めになってる・・・?

気のせいかなぁ。

 

測ってみようかなぁ。

 

第3回へ続く。

 

昭和の一軒家をセルフリフォーム中!目次はこちらです。

昭和のお家をDIYリフォーム <目次>