和室を洋室にDIYリフォーム〜壁はどうするの?

こんにちは。

どこからリノベに取り掛かろうかしばらく考えていたのですが、先日ご紹介した1階の和室から始めることにしました。

f:id:damon-chan:20160324141844j:plain

1階和室は、リビングとして使いたいメインのお部屋です。

「一番目立つこの場所がきれいになったら、さぞかし気分も上がるだろうな〜」

というのがその理由。

ペンキ塗りなどは小さなスペースから始めた方がよいと言います。

確かに目立つスペースは、ある程度コツをつかんでからチャレンジした方が、仕上がりがきれいかもしれません。

でも、いいんです〜。

大事なのは気分。

効率が悪くなっても、楽しく作業できるのが一番です!

そのようなわけで、

DIY初心者にもかかわらず、いきなり

・畳をフローリングに変更

・壁と天井のペイント

・照明の変更

・押入れの改造

にチャレンジします。

どうなることでしょう!

さて、和室を洋室にDIYリフォームするにあたって、

大いに悩んだのは、壁の柱についてです。

畳はフローリングに変更すればよいのですが、

それだけだとどうしても「ここは元・和室です」という印象が消えません。

その理由は、、壁。

昔ながらの和室は、柱が表側に出ている「真壁」と言われるタイプ。

f:id:damon-chan:20160327102541j:plain

柱がいかにも和風な雰囲気ですね。

f:id:damon-chan:20160327102536j:plain

普通の洋室は、柱を壁で覆っているため、壁一面がすっきりしています。(「大壁」と言うのだそう。)

そのため、柱をそのままにしているとどうしても和室感が残るのですね。

壁全面に板をはり、新たに壁を作ってしまうという

大掛かりなリフォーム方法もあるようでしたが、

細腕のDIY初心者にはとても無理。

壁のせいで部屋が狭くなるのも、避けたいところです。

あくまでも簡単に。。

でもすてきにしたい〜。

散々悩みましたが、柱も壁と同じ白でペイントすることに決めました。

インスピレーションはこちらの本から。

f:id:damon-chan:20160520161836j:plain

f:id:damon-chan:20160511143911j:plain

『簡単!インテリアDIYのアイデア Love Customizer(ラブ・カスタマイザー)』石井佳苗 著(株式会社エクスナレッジ)

いかにも和風な柱や押入れも、白ペイントでナチュラルな雰囲気に変えられそうです。

(参考になるアイディアが満載の本でした。今度ご紹介しますね。→記事をアップしました!

次に天井。

一見木に見えるのですが、、

実は木目を模したプリント。

f:id:damon-chan:20160325162349j:plain

さらに天井の真ん中には、

桜の木を模したプリント状の何かで包まれた筒状のものが横断。(まわりくどい表現ですいません。)

謎すぎて、取り外したかったのですが、

照明の引っ掛けシーリングが付いており、

配線が入っているでは、、と思われます。

本物の木ならともかく、

フェイクには愛着がわきませんな。

部屋全体を明るくするためにも、ここはがんばって天井も白くペイントしてみようと思います。

そんなわけで、壁、柱、天井、すべてを白に!

イメージは、パリのアパルトマン風・・・?

f:id:damon-chan:20160511152713j:plain

どこまで近づけるかしらー。

ドキドキです!

それでは。

Damon

> このお部屋のペンキ塗りが終わったよ。こちらの記事も見てね!

<ビフォーアフター>和室を洋室にDIYリフォーム〜ペンキ編

> リフォームはまだまだ続くよ。目次からチェックしてみてね!

昭和のお家をDIYリフォーム <目次>

********************

>今日の参考図書はこちら